私たちは、化粧品、医薬部外品の自社製造工場、研究室を有し、
企画から開発、製造まで行っている総合化粧品OEMメーカーです。

LanguageEnglish/Japanese

スタッフコラム

2018年06月19日

湿気と髪

 

こんにちは。

今年の梅雨の季節がやってきましたね。

 

湿度が高くなるこの時期、うねる、広がる、ヘアスタイルが決まらない等

悩まれる方は多いのではないでしょうか?

雨の日.jpg

 

髪の毛の水分量は、乾いているときで10%、梅雨時期の湿気が多い季節は15%、冬の乾燥している季節は10%以下に低下すると言われています。

ダメージを受けてしまった髪は、剥がれてしまったキューティクルの間から空気中の水分を吸収し、膨張することでうねりが出てきます。

 

 

◆自宅でのお手入れ方法

1. 水分量を増やす

カラーやパーマ、紫外線によりダメージを受けている髪は、ホームケアでしっかりと栄養と水分補給をしましょう。いつもよりたっぷりとトリートメントを付けたり、ヘアマスクをすることによって水分&栄養補給が出来ます。

 

2. ヘアオイル

半分以上髪が乾いたところで、ヘアオイルを付けます。特に毛先などはダメージが蓄積しやすい為、もみこむように丁寧に付けます。

 

3. ドライヤー

ドライヤーをあてるときは、上から風をあてます。根本から毛先に向かって温風をあて、キューティクルを整えた後に冷風でしっかり水分を飛ばします。冷風でキューティクルを閉じ込めることで広がりにくい髪になります。

 

 

 

◆外出先でのヘアケア

1. ブラッシング

ブラッシングをすることで、髪に付着した余分な水分を飛ばすことができます。更に、キューティクルを整える効果もあります。携帯用のブラシなら外出先でも簡単にとかすことが出来ますね。

 

2. クリーム

髪が広がってしまった時に、手軽につけられるヘアクリームはおすすめです。油分が多いので、髪をコーティングし水分の吸着・蒸散を防ぐことが出来ます。

 

ブラッシング.jpg

 

いかがでしょうか?

意外と簡単にお手入れできそうなので、やってみたいと思います。

髪のストレスなく、この時期を乗りきりたいものですね。

 

ナユタビト4号

★★化粧品OEMご相談ください★★

★★株式会社ナユタ★★